2022年5月11日水曜日

自動血圧計

  久しぶりの投稿です。当院へ受診の方はすでにご存じと思いますが、3月中旬から待合室に自動血圧計を導入しました。オムロンの全自動血圧計の”健太郎”です。

 以前は、スタッフが患者さんのところに行って、自動血圧計で病状を伺いながら血圧測定をしていたのですが、コロナ禍のなか、一部の患者さんにおいては、顔をそむけるようなしぐさをされる方もおられて、気持ちは理解できますので全自動血圧計でご自分の好きなタイミングで計っていただくことにしました。

 受付を済まされたら、余裕をもって計測してください。バタバタと入ってこられてすぐに血圧を測定すると血圧が高めに出る方が少ないないです。2回目、3回目と計れば下がることが多いのですが、そうするよりは少し休んでから血圧を測定される方が良いと思います。

 診察までに血圧測定を済ませていただければよいので、慌てる必要は全くありません。時にすぐに血圧を測って高めの血圧が出るとその用紙はポケットにしまってもう1回計って少し下がった血圧の結果を提示される患者さんもいます。こんなことになるのであれば、少し休んでから計った1回の血圧で勝負したほうがいいと思います。
 
 血圧測定が終了すると自動的に上記のように血圧と脈拍が自動的に印刷されますのでこの用紙をスタッフに渡してください。
 血圧が重要な健康指標であることは間違いないので、良好な血圧を維持することが重要です。あまりに自己解釈する方がいらっしゃいますが、あまりお勧めではありません。血圧は変動しやすいパラメーターであることは間違いないのですが、best effortのコントロールを目指すべきだと考えています。
 不十分な治療によって重大なイベントに遭遇する方を知る機会があるのですが、そのような事案が一件でも少なることを願ってやみません。

2022年1月22日土曜日

新型コロナウイルスPCR検査

  オミクロン株の猛威は想像を超えています。

 当院では1月の初めから院内で新型コロナウイルスのRT-PCR検査を行うようにしました。


 抗原検査や等温核酸増殖法の機械にするか迷いましたが、当院では感度の高さを重視してRT-PCRで行くことにしました。
 誤解されることが多いので、発熱外来という言葉はあまり使いたくないのですが、体調不良の方の診察の際に必要に応じて検査を行います。検体は唾液ですが、検査前1時間程度は飲食されないようにしてください。15時くらいまでならその日に結果をご報告します。
 ただし、オミクロン株の影響で検査希望者が多いため、診療をお断りしなければならないことも多いです。大病院ではないので、人的及び物的リソースに限りがあります。
 いきなり受診されても全く対応できかねますので、必ず受診の前にお電話でご予約をお願いします。当院かかりつけの方は極力対応いたしますので、お電話の際にお名前をおっしゃってください。
 早く「新型コロナウイルスが流行しているときは大変だった。」と振り返れる時が来ればよいですね・・・。

2022年1月15日土曜日

体表面温度センサー

  遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

当院の入口に体表面温度センサーを設置しました。


このカメラの前に顔が正面に入るように立っていただき、1秒程度で顔の表面温度を測定します。そして、表面温度が正常か、異常かを自動判定します。その後アルコールで手指消毒していただいてお入りいただくという、コロナ禍の昨今ではごく当たり前のオペレーションです。

もちろん、発熱がなくとも鼻水、咳、痰や咽頭痛などの呼吸器症状や腹痛、下痢、嘔気・嘔吐などの消化器症状、さらに強い倦怠感や頭痛などいつもと違う症状がある場合は院内での診察の前に院外の倉庫や自家用車の中で新型コロナウイルスのPCR検査を受けていただきます。

この点は十分に認識されて受診してください。発熱外来という言葉の印象が強かったのか、熱さえなければよいと考えている人が多いように思います。定期受診の方でも通常と違う症状があれば、このルールに従っていただきます。ご理解いただけないならば、当院では診療は行えません。多くのほかの方に迷惑をかけることになりえることをイメージしてください。よろしくお願いします。



2021年11月8日月曜日

オンライン資格確認

  遅ればせながら、当院もやっと保険証のオンライン資格確認ができるようになりました。



時々ですが、保険証の変更などを窓口で申告されない方があり、資格喪失として役所から戻ってくることがあります。これで資格喪失の方を受け付けるということが激減すると思います。




 また、マイナンバーカードを保険証に紐づけされていれば、この機械にマイナンバーカードをいれていただくと、暗証番号かまたは顔認証で保険情報の確認ができます。

 このシステム専用のPCを準備してマニュアルにそって設定をする必要があるのですが、そこは普通にやっていくことができます。ただし、電子カルテに保険情報を入れるシステムですからセキュリティが十分でなければならないため、ルーターの設定が必須です。ビジネスルーターを使用したことのある人はいいですが、普通の人間にはかなり難解です。
ルーターの設定に関しては稲村脳神経外科クリニックの稲村孝紀先生に多大な援助をいただきました。3週連続で土曜日の貴重なお時間を割いていただいたり、メールでアドバイスをいただきました。稲村先生の援助がなければ、当院のこのシステムの導入は数か月後になっていたことでしょう。本当に助かりました。



 光ケーブルの端末とハブ、インターネットのルーター、院内LANのルーターです。
ただし、保険者のシステムへの入力が不十分な場合もあるようで、資格があるのに無資格と表示される場合もあります。改良が必要ですね。改善されれば、すごく便利なシステムです。

2021年7月14日水曜日

CO2測定器

  ワクチン接種を済まされた方もおられると思いますが、当院においても1日6名ずつ接種を行っているところです。いくら2回の接種を終えたからといっても、変異株の発生を考えると、やはり基本が大切です。つまり、3密の回避です。

 当院では換気には注意を払っているところですが、それを可視化する意味においても重要と考えて、CO2測定器を待合室、診察室及び処置室に配備しました。




 確かに検査のために部屋を閉め切ると、数値がじわじわと上昇して700-800ppmなどに上昇していきます。最近は、この種のものを買うときに妙に日本製にこだわるようになったのですが、残念ながら、今回は完全な日本製を購入することはできませんでした。

 当院で購入したのは日本でデザイン、中国生産の商品でした。アマゾンでもそういう検索をする人が増えているようで、微妙は表現で日本製を説明の一部に入れていますね。でも大半が中国製のようです。今や、日本製の商品を探すのが難しい時代になったようです。

      畑間内科クリニック

2021年6月30日水曜日

セミセルフレジ

  久しぶりの投稿です。当院に受診の方はすでに使用されたかと思うのですが、2021年1月末から受付での会計において写真のようなセミセルフレジを導入しました。コロナウイルス感染対策の1つとして導入を決めました。


 会計カウンターのそばに置いています。



 スーパーなどでよく見かけるタイプです。

 
 この画面でご自分で現金、スマホ決済(PayPay、auPay、LINE Payなど)、電子マネー(Nimoca、Suicaなど)及びクレジットカードを選択できます。


この端末にクレジットカードをご自分で挿入いただき決済します。また、電子マネーはこの端末にスマホをかざしていただくと決済できます。


 スマホ決済はこの端末の上部にスマホをかざしていただけば決済が完了します。


 大変便利なのですが、現金以外は手数料が発生しますので喜んでばかりもいられません。そのため、医療機関ではあまり導入が進んでいないのが現状です。
 ここでお願いですが、当面PayPayとauPayについては以下のようなQR決済でお願いします。手数料の関係です><。



 スタッフからも手数料がもったいないという声も聞かれるのですが、当面使用してみて手数料が高すぎると感じたならば、特定の場合に使用制限するなどの運用も検討するかもしれません。つい10日くらい前からクレジットカードと電子マネーとスマホ決済がセミセルフレジと完全に連動できるようになったのでしばらく様子観察してみます。

      畑間内科クリニック








2021年3月31日水曜日

4月以降の発熱外来について

 当院はこれまで発熱患者さんはできる限り診察する方向で対応してまいりましたが、4月以降はかかりつけ患者さんのみの対応に変更させていただきます。一人医師で発熱外来を他の診療と同時に行うことは想像以上に大変でした。今後は通常診療とかかりつけ患者さんへの発熱外来に注力する所存です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。